B型肝炎について弁護士に相談

B型肝炎について悩んでいる人は多くいると思うのですが、そうした人の悩みはなかなか改善されるものではありません。特に、B型肝炎の訴訟問題というのはなかなか解決が難しいと言われているのです。

弁護士実際のところ、B型肝炎の問題に関しては、給付金訴訟というものが行われているわけです。これは、昭和23年から昭和63年までの間、使いまわされた注射器が原因でB型肝炎に感染してしまった人に対して支払われる給付金のことを言います。全国には40万人以上の人がいるということなのですが、実際に和解した人は3万人程度だというのです。これは、いかに訴訟の問題が難しいかということを表していると言えるでしょう。ちなみに、訴訟に対しては、弁護士を雇うのが適切とみられています。正当な主張をするために力を貸してくれるはずです。

ちなみに、給付金の額についてですが、600万円から3600万円の間で病状によって変化してきます。20年経過しているかしていないかによっては、かなりの金額差が出てきますから、出来る限り早めの申請を行うのが賢いのです。こうしたことについても、弁護士にきちんと相談をすることによって、解決するまでの期間を短くすることができるはずなのです。実質の負担は、給付金額の1割程度ということですが、それでも早めに依頼が出来ればそれだけお金もたくさん受け取ることが出来て良いでしょう。詳しい金額などについては、この先のページで紹介していきます。