B型肝炎の訴訟について

世の中には、B型肝炎ということもあって悩んでいるという方もいるかと思います。そうした方は、昔から悩み続けているということもあって、そろそろと解決させたいという人もいるかと思われます。

裁判所弁護士というのは、多くの問題を取り扱うことが出来るのですが、その中にはこのB型肝炎の給付金訴訟に関することも含まれているのです。この訴訟についてですが、昭和23年から昭和63年に至るまでの間で行われた予防接種などの時、注射器が使いまわされたことによってB型肝炎に感染した人に対して支払われる給付金を国に請求することを言います。実際には全国で42万人以上の人が感染したと言われているのですが、平成29年8月現在では、和解した人はわずか3万人ほどしかいないと言われているのです。

こうした訴訟に対しては、弁護士を雇うことが適切だと言われています。個人で訴訟を起こすことは確かに出来るわけですが、この和解人数が示す通り、最終的な和解にまで至っている人が少ないわけですから、普通に個人で訴訟を起こしたとしても、かなり厳しいところがあります。法律はともかくとして、正当な主張をするための力を貸してくれるのが弁護士というものなのです。

〔参照サイト〕B型肝炎 訴訟