給付金の額

B型肝炎によって受け取ることができる給付金についてですが、これは病態によって支給される額が異なってきます。また、発症していないとしても、肝臓にB型肝炎ウイルスが住み着いているような状態の場合は、給付の対象になります。

給付金病態別の支給金額についてですが、死亡・肝臓がん・肝硬変に関して言うと、発症・感染してから20年経過していないような場合は3600万円、発症・感染してから20年経過しているような場合になると900万円になります。また、無症候性キャリアの場合は発症・感染から20年経過していない場合は600万円、20年経過しているのであれば、50万円と検査費用などになります。軽度の肝硬変であれば、発症・感染から20年以上経過していなければ2500万円20年経過している人、治療を受けたことがある人は600万円、発症感染から20年以上経過している(治療を受けたことがない)という方については300万円になります。

基準はこうしたところにあるのですが、実質の負担といったら、国から支給される4%を控除した11%になります。無症候キャリアの場合には、給付金額の実質12%がかかることになります。こうしたことはしっかりと知っておきたいところですね。